しなしなな日常生活
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラ・フリア・ロハ
2010年07月12日 (月) | 編集 |
スペイン優勝ですか
スイスに負けたときはどうなるかと思いましたが
初戦負けからの優勝は初らしいですね

オランダがスペインのパスサッカーにどう対応するかに注目してたのですが
高い位置からの積極的なプレス
一見功を奏しているように見えていたのですが
徐々に足元を削るラフプレーが目立ってきた感じ
その結果が延長戦の退場に繋がったと

延長後半のオランダのCKがなぜかGKになったのは困惑
最後まで誤審やらかした
審判の誤審もあったけれども
ロッベンが2度の決定機を逃したのが痛い
逆をいえばそれを防いだスペインのDF陣は大会中わずか2失点

個人的にはトーレスがおいしい所持ってくんじゃないかと期待してましたが
手術明けってこともあり何も出来なかったか

ともあれこれで「無敵艦隊(笑)」を返上することができましたということで
日本もここまでいけたらいいですなー

以下オシム語録

「結局、スペインが王者に相応しかったということを証明した。彼らがここ数年間素晴らしいプレイを続け、サッカーがどういうものかということを見せてきた。国内リーグに目を向けると、世界に名だたるビッグクラブが存在し、資金で勝利を掴むチーム、下部組織から才能を引き上げるチームといった具合に多様であり、レアル・マドリーやバルセロナは、世界中にサッカーの魅力を伝えきた。そして、それを伝える番が代表チームに回ってきたということだろう」


「ただ、スペインが下馬評通りに優勝したとは言え、彼らが勝ち上がるまで苦戦した理由の一つを見つめ直すべきだと思う。それはW杯の運営面、スケジュール面だ。審判についても考え直さなければならないだろう。サッカーをより良いスポーツに押し上げるためには、FIFAは何か動かないといけない。ダイナミックなサッカーを作るには、ダイナミックな措置が必要だ。ダイナミックというのは、競り合い等も含む。『ファールであったのか、そうでなかったのか』をしっかりと見極める必要がある。それはゴールという判定が正しかったか、オフサイドという判定が正しかったか等についてもそうだ。人間の目に限界があるならば、第四の審判として、テクノロジーに頼ることも悪くないとは思う。どこから使うか、どこで使うかという議論を入念に行えば、問題はないはずだ」


「日本がスペインのサッカーを目指すということはいいかもしれない。ただ、一晩でスペイン人になることは出来ないし、得意のコピーではダメだ。あくまでも参考にするということが重要だ。だが、日本には、チャビやイニエスタのようなタイプの選手が育つ可能性はあると思うし、彼らをモデルにすることは間違いではないはずだ。後は、日本サッカー協会が、『日本人が最も向いているサッカーは何なのか』を再考した上で、しかるべき人間に“長いスパン”で日本代表を任してもらいたい」
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。