しなしなな日常生活
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オカナチオ
2010年06月30日 (水) | 編集 |
死闘から一夜明け
PK戦の末敗退
両チームとも守備を整えてカウンターをしかけるスタイル
それが機能し120分を終えてスコアレス
差が如実に出たのはPK戦かもしれない
5人きっちり決めたパラグアイに対し
3人目の駒野がクロスバーに当ててしまった日本
でも駒野はオシム時代もPK蹴ってたし
練習でも成功率高かったぽいね

トーナメント戦の性質上引き分けはできない訳で
PK戦はボーナスステージみたいなもの
だから決して負けたわけじゃないと
小学校のとき教わったのを思い出した

責めるべきは延長戦含め120分で勝負を決めきれなかったこと
もっとリスクを負って勝てる試合運びをすべきだったこと

とはいえ今回のW杯で日本のディフェンスは強豪相手にもある程度通用すると証明できた
あとは毎度のごとく言われている決定力不足

まぁサッカー解説者いわくもっと海外行けってことなのかな
中盤の松井、本田、長谷部は勿論
今夏には香川、内田もブンデス移籍らしい
4年後のブラジルW杯楽しみすなぁ

予選は色々と波乱あったけど
決勝Tは順当ぽい
なんだかんだでブラジル優勝しそう
しかしイングランド戦で見せたドイツのカウンターえげつない
イングランドはビックネーム揃ってたんだけどな
中盤スッカスカでした


しかしまぁ、大会前テレビの街頭インタビューで日本代表酷評してたDQNどもは
今頃どんな顔してるんだろうか(笑)

決勝T1回戦で誤審をした2人の審判は
準々決勝以降の試合笛を吹かないらしい

あの誤審はちょっと擁護できない
原因の1つに
現代サッカーは展開が早すぎて審判がついていけないからだとか
オフサイドに関しては元々
人間の目で
ボール、最終DFラインの選手、オフェンスの選手を同時に見極めるのは容易じゃない


もう1つは八百長か(笑)

ボールにチップ埋め込むとかあったらしいけど
今回のW杯は反対にあい見送り

ビデオ判定あれば1発だと思うけど
アメフトやテニスと違って一々プレー止めるわけに行かないしな

まぁ機械導入は国際試合で用意するのとか面倒そうだし
ただゴールはいったかなんてゴール付近にもう1人審判いれば分かると思うんだが

FIFA会長が技術導入に反対してるのとか見ると
公平になることで困る人がいる気がしてならない

まふぃあ(笑)とかか

誤審もサッカーの醍醐味
そんなこといってるから欠陥スポーツとかバカにされる


最近懸念事項が1つありまして
それのせいか寝付きが悪い

杞憂だといいんですが

ああその前にレポートを片付けなくては

以下オシム語録

「(日本代表へのメッセージは?)未来というものは過去によって作られるものだ。今日の試合は、その未来にとって大きな意味を提供したと思う。何故なら、“してはいけないこと”を学習することが出来たからだ」

「今日の試合は、一言で言えば、『自分達が成し遂げようとしていたこと』と『自分達の実力』の狭間を彷徨ったと言える。そして、イーブンな条件で始まった試合だったが、最終的には『勝ちたい』という意思を強く持ったパラグアイがPK戦を制した。選手達は、『この試合でもっとできることはなかったか』を考えるべきだろう。『自分達は勝つためのサッカーをしたのか?』、『相手に勝たせないサッカーをしたのか?』と自問自答するべきだ」

「パラグアイは、この決勝トーナメントに進出したチームの中で、最も日本が勝ち易い相手だった。そう考えると、残念で仕方がない。やはり、準備段階から自分達のプレイに自信をもたないと勝つのは難しいということだ」


「彼らはカメルーン戦に勝った良いイメージを壊さないようにしようとしていた。その発想は、前半戦は功を奏したと思う。試合の前半、パラグアイ相手に良い戦術で何もさせなかったからね。しかし、その時に、勝つためにできたことをやり切れなかったことが残念。選手全員が考えないといけなかったのに、自分の力だけで得点を奪えると考えている選手がいた。こういうプレッシャーのかかる大会では、グループで取りにいかないとダメだ」

「ここからは、この教訓をどう引き出すかだ。今大会で彼らは自信を手にしたはずだ。そして、その自信を基礎にして、『W杯の予選を突破できるかどうか』はではなく、『W杯でどこまで進めるか』を考えた国になっていかなくてはならない。そういうチームになるために今日からスタートして欲しい。本大会を見据え、あらゆる可能性を考えて準備出来る国になるために」

「また、FIFAのルールについても、一つ言っておきたいことがある。私は、このPK戦を最後まで見てしまったが、W杯という大会について、FIFAとルール評議会は検討して欲しい。PK戦ではなく、もっと相応しい決着の付け方がなかったのかと。90分+延長戦を戦った上で、ルーレットのようなPK戦を戦う彼らの心境を思いやって欲しい」

「“こぼれたミルクは戻らない”ということわざがあるが、今日の日本はミルクをこぼしてしまった。
PK戦でW杯に“さよなら”しなくてはいけないことは本当に残念だが、ここまでしかこれないレベルにの準備しか出来ていなかったということだ。だが、選手やスタッフはよくやったと思う。周囲から何を言われようとも、自分達を信じて戦えば結果がでるということを実証し、そして、選手達は自信を手にした」

「今大会に関して言えば、どんな強豪相手でも日本は対抗できる力があるということを世界に発信できたのではないだろうか。ただ、もっと勇敢に、もっとリスクのある行動をとれば、もっといいサッカーを見せられたかもしれない。歴史的にも見ても、私は日本は勇敢さを保ってきた民族だと思っている。サムライの時代にしろ、戦争中の神風にしろ、それらは勇気がないと出来ないことだ。だが、サッカーでは、自分の命をピッチ上で失うことはない。だから、命を懸けて戦うことは難しいのかもしれない」

「選手達が寝られるかはわからないけど、今日はゆっくり休んで欲しい。次のことは明日から考えればいい。そして、考えなければいけないのはメディアもそうだ。ゴールを上げた選手ばかりが注目されることがまかり通るサッカー文化は作ってはならない」

「(Jリーグで明日からできることは?)良いプレイをすること。つまり、モダンなサッカーをするということだ。Jのレベル、質を上げること。一つ一つのディティールを追求していくべきだ。もっと走り、もっとリスクを負わなければ、短期間で代表がリスクを負える集団になることはできない」

「そして、サッカーファンの皆さんにもお願いがある。『日本代表だけでいい』、『Jリーグはどうでもいい』という発想はやめて欲しい。もっとJリーグに、選手達にプレッシャーをかけてください。プレッシャーに耐えうる選手を育てて欲しい。そして、クラブ間にも、“ダービー”というものも有効利用し、競争意識を持たせてほしい。プレッシャーのかかる場面を何度も経験することで、やっと、戦える選手が育つでしょう。そのためには、空っぽのスタジアムではしょうがない。選手もつまらない、サポーターもつまらないサッカーは御免だ。皆さんで満員にしていきましょう。『なぜ、プレミアリーグが常に満員なのか』を考察するだけではダメ。答えは出ている。それは彼らが非常に魅力的なサッカーをしているから。つまり、Jリーグがすべきことはもう見つかっていると思う」

「この結果は非常に残念だったが、選手、スタッフにご苦労様と言いたい。後、葬式じゃないんだから、賑やかにやりましょう。まだまだW杯は終わっていないですよ」

まだあるっぽいがここまででご容赦ください
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。